開発経緯

潤滑レスキューのご用命、ご相談はこちら
0551-38-1438
info@earth-tech.co.jp

開発経緯

MILITEC-1
MILITEC-1 ミリテックワン
MILITEC-1 website→

弊社が国内外の工業用潤滑剤について市場と技術開発動向の調査を行った1990 年頃、特に米国の潤滑剤メーカーの技術レベルは、日本企業の10〜15 年は先行していると言われていました。
当時、自動車用エンジンオイルの市販添加剤についても米国製の商品が人気を集め、その殆どがオイルの性状維持・向上のためのオイル品質改良剤タイプか、固体潤滑剤(PTFE、二硫化モリブデン等)を使用したオイル添加剤でした。

弊社が手掛けてきた潤滑のメイン市場は、企業に対する大きな責任を伴う工業用・産業用分野です。

潤滑に関する現場の様々な課題を踏まえながら追求し、導入に至ったのが米国MILITEC 社の超極圧潤滑剤メタルコンディショナーMILITEC-1(ミリテック・ワン)の最先端技術でした。1993 年より弊社はメタルコンディショナーMILITEC-1の日本市場の総代理発売元として分野別用途開発を進め、自動車・バイクの潤滑系用途は勿論、製造分野での高精度・高速・高荷重・高温等の厳しい条件下で常に安全性・安定性が必要とされる設備機械の潤滑や境界潤滑状態の最も厳しい条件の金属加工(切削・塑性加工)の用途など、現場の課題に取り組み数多くの導入実績と技術ノウハウを築き今日に至ります。


2005 年頃から日本の製造業界でも地球環境・現場作業者の保護を目的に潤滑油剤・金属加工油剤や極圧添加剤に至るまで有害化学物質の排除の動きが見られ、今ではPRTR法・REACH規則等の環境負荷物質に対する管理基準が導入されるようになりました。その流れの中で、極圧添加剤・潤滑剤においても塩素化合物、特に、毒性について議論されている塩素化パラフィン(短鎖C10-C13)の使用は禁止または制限されるようになりました。


MILITEC-1
塩素フリーメタルコンディショナー
【LUBROID® ルブロイド】

弊社の取り扱うメタルコンディショナーMILITEC-1は、塩素化パラフィンを使用せず化学的に非常に安定した100%化学合成の極圧潤滑剤です。しかしながら、塩素化合物が使用されていることは否定出来ず、残念ながら塩素含有のため塩素系タイプと見なされてしまいます。製造業界では、塩素を含有しない非塩素系油剤・添加剤、塩素フリー化が求められる半面、非塩素系タイプでは性能が不足するため時間ロスとコスト高という課題に直面しているのが現状です。


そこで、弊社は長年に渡り、従来品とあらゆる塩素系油剤の性能を超える非塩素系極圧添加剤の研究開発に取り組み、2011 年春、世界初の塩素フリー・メタルコンディショナーLUBROIDルブロイドの開発製造を実現しました。摩擦工学(Tribology)という広い見地に立って、20 年に渡る現場経験を基盤に独自の機械工学、有機化学、金属工学、量子力学、界面化学、熱・流体・材料力学、表面処理技術を駆使し、次世代に向けた研究開発を重ねLUBROID ルブロイドの技術は生まれました。まさに金属摺動に於ける独創的な潤滑工学が成し得る日本製のメタルコンディショナー超極圧潤滑剤です。

お問い合せはこちら

▲このページのTOPへ