技術的特長

潤滑レスキューのご用命、ご相談はこちら
0551-38-1438
info@earth-tech.co.jp

ルブロイド分子結合被膜の特長

  1. 全ての金属に分子結合被膜を形成
    鉄、ステンレス、合金鋼から非鉄金属のアルミ、銅、また、クロームメッキ面、TiN コーティング面まで金属に対して分子結合被膜を形成します。
  2. クリアランスに影響を与えない
    LUBROID ルブロイドの分子結合被膜は、金属面と一体化していると見なせる1分子から数分子(nm単位)の超極薄の強力潤滑被膜です。被膜は無色透明で、金属素地表面には全く変化を与えず、摺動面のクリアランスにも影響を与えません。その分子結合被膜は、共晶膜のような金属摩耗(粉)によって形成されるものでもなく、ポーラー作用による油膜でも固体潤滑のコーティング層でもありません。
  3. 面強度の向上(被膜強度について)
    被膜形成面の硬度は、その金属表面が持つ硬度のままですが、自己潤滑性が機能付加され、金属表面の面強度(三次元顕微鏡の測定によるSTIFFNESS)は、約2 倍〜120 倍向上しています。
  4. 耐溶剤性・防錆効果
    通常、潤滑剤やオイルの潤滑油膜は、アルコール等の溶剤によって簡単に剥離してしまいますが、LUBROID ルブロイドの分子結合被膜は溶剤に対しても剥がれ難くなっています。例えば、設備機械の潤滑系統に水溶性切削液が混入しても潤滑トラブルは防止され、同じく海水の中でも金属面は錆、腐食から保護されます。
  5. 分子結合被膜の形成条件
    LUBROID ルブロイドの分子結合被膜は、摩擦のない状態でも金属表面の温度が65℃近辺を超えると金属に対して分子結合をし始めます。また、油温が65℃に達しない低温状態でも金属が摺動し極圧の掛かる境界潤滑面では金属摺動面に対して分子結合被膜が形成されていきます。
    逆に、負荷や面圧が掛からず油温上昇の無い摺動条件では、被膜形成が行われないことになります。
    そのため、油剤の中にその使用条件に合った適量のLUBROID ルブロイドが混合されていますと、万がー摺動面に負荷が掛かった場合に瞬時に分子結合被膜が形成され、摩耗・カジリ・焼付が防止されます。
  6. 確実に分子結合する条件
    無摺動でも、金属表面に直接LUBROIDルブロイドの原液が接触した状態で、その金属表面が150℃前後でほぼ全面にナノフィルムコーティングとして分子結合被膜が形成されます。
    表面処理工法では、そのコーティング被膜を金属表面全体に確実に形成するため、対象物の脱脂後、LUBROIDルブロイドの原液を塗布し金属表面が150℃前後になるように加熱を行います。
    その場合、事前の脱脂(洗浄)工程が重要です。理由は、金属面に直接LUBROIDルブロイドの成分が接触する状況を作り出しておくためです。
    摺動時には、金属間の摺動面にLUBROIDルブロイドの粒子が存在し、金属面に摩擦(負荷)が生じ、表面温度が局部的に65℃を超える場合、分子結合被膜が形成されて行きます。負荷が高ければ高いほどより早く強力な分子結合被膜が形成されることになります。
  7. 最も効果的な導入方法
    特に摺動条件が過酷な場合や過去に摩耗や焼付のあった摺動部品では、対象物に事前に分子結合被膜を形成(表面処理)し、それと共に使用油剤の中に適量のLUBROID ルブロイドを混入して下さい。
    ベアリング等では、この方法(表面処理 + グリースに6〜10%混合)が最適です。
ルブロイドの活躍現場

お問い合せはこちら

▲このページのTOPへ